エミレーツ航空、エアバスA380専用のコンコースAを全面開業

  • 2013年2月18日(月)

 エミレーツ航空(EK)は2月15日、ドバイ国際空港のエアバスA380型機専用のコンコースAを全面開業した。コンコースAは、EK専用のターミナル3に新設したもので、世界初のA380専用施設。これまで5週間に渡り段階的に運用開始を進めてきたが、全面開業により欧州、北米、オーストラリア、アジアなど21都市への発着拠点となる。

 コンコースAは総面積52万8000平方メートルの11階建てビルで、コンコースBとターミナル3とは地下モノレールで接続。ファーストクラスとビジネスクラスのラウンジは専用フロアに配置し、搭乗口に直結しているのは世界初という。ラウンジには、高級レストラン、会議室、ビジネスセンター、スパ、エンターテインメント施設、喫煙エリア、子供向けのプレイエリアなどを備える。また、ファーストクラスラウンジには免税品ショッピングエリア、ワインセラーも用意した。

■海外ニュース

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ