ドイツ、9月までの日本人宿泊数は15.4%増-都市の人気継続

  • 2012年12月23日(日)

 ドイツ観光局によると、2012年1月から9月までの日本人宿泊数は前年比15.4%増の100万7314泊となった。ドイツの主要都市ではベルリンが29.0%増、ケルンが26.5%増、ミュンヘンが20.5%増、フランクフルトが16.9%増となっており、ドイツ全体の平均以上の増加を記録。同局によると、日本人が都市観光を好む傾向が明確化しているとの考えだ。

 また、2012年の観光テーマの一つである「聖トーマス教会少年合唱団創立800年」のメインデスティネーションであるライプツィヒでは、日本人宿泊旅客数は57.5%増と大きく増加。同局ではプロモーションの成果があったとの見方を示した。

 なお、9月単月は3.8%増の14万9800泊。1月から9月までの外国人宿泊数は8.6%増だった。

■海外ニュース

インフィニ 123キャンペーン2018
求人広告

助成金・補助金情報

「【宮崎県】延岡観光協会~延岡への新たな流れをつくる誘客事業~」
(1)事業の目的延岡市への新たな観光客誘致を促進するため、九州外(訪日旅行含む)から旅行...

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

メール新規登録
  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ