国内線の夏期予約、提供座席数増加も予約率低下-新LCCは8割超え

  • 2012年8月7日(火)

 本邦航空6社が8月2日に発表した、2012年度夏期(お盆)繁忙期(8月10日~8月19日)の予約状況によると、合計の提供座席数は前年比5.4%増の368万3195席、予約数は1.7%増の228万5357人と増加したが、予約率は2.3ポイント減の62.0%と前年を下回った(各社発表の合計値)。

 航空会社別で見ると、予約率が前年を上回ったのは全日空(NH)の0.1%増のみで、それ以外は軒並み低下。特に、スカイマーク(BC)は提供座席数を42.9%増と大幅に増やし、予約数も16.5%増と前年を上回っているが、予約率では14.7ポイント減と2ケタ減少となっている。一方、新LCC3社の予約率は89.7%となったピーチ・アビエーション(MM)を筆頭に、いずれも8割を超えた。9社の合計では、提供座席数は377万3195席、予約数は236万3387人、予約率は62.6%となった。

 方面別の傾向では、NH、日本航空(JL)とも沖縄が好調で、両社とも予約率が8割を超えている。次いで北海道で、NHは68.6%、JLは70.4%だ。また、強化した方面では、NHは東北の座席数を20.1%増とし、予約率は51.9%。JLは東北のほか、中国・四国地方も座席数を15.8%増とし、予約率は54.3%を維持している。各社の状況は以下の表の通り。

 なお、スターフライヤーが今年から就航した国際線の北九州/釜山線は、提供座席数は5840席、予約数は2548人、予約率は43.6%となった。

■海外ニュース

メール新規登録

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ