韓国旅行、20代女性が倍増の勢い、今年は400万人近くの予想も

  • 2012年6月27日(水)

 JTB総合研究所が実施した「女性が牽引する韓国旅行の実態調査」によると、2008年以降の訪韓日本人旅行者は男女比が逆転し、女性が半数以上を占めるようになった。日本人旅行者数は2008年に前年比6.4%増の235万人、09年は28.6%増の302万人、10年は1.1%減の299万人、11年は8.8%増の325万人と増加しており、女性のシェアは08年は50.2%、09年は57.4%、10年は57.2%、11年は58.6%と拡大傾向にある。2012年1月以降も、韓国旅行者数は前年比30%増で推移しており、この勢いが続けば2012年は限りなく400万人近くになると予想している。

 女性の中でも目立つのは20代女性で、08年から09年にかけては62.1%増となった。20代の韓国旅行者数は、08年の25万8000人から11年には51万6000人と倍増しており、20代女性の海外旅行者のうち28.7%が韓国旅行となっている。

 女性、特に20代女性の韓国旅行の人気が高くなったことについて、JTB総合研究所では3つの要素を指摘。短い日数で楽しめることやK-POPなどによる「新たな韓流ブーム」のほか、08年11月頃から進んだ円高ウォン安により、「安近短」の「安」の敷居が格段に下がったことをあげている。

 また、旅行の同行者だが、韓国旅行では「女性だけ」の傾向が強い。特に29歳以下は72%が女性だけのグループもしくは自分一人となっている。旅行目的が「食事」「買物」「エステ」ということが、その理由となっているようだ。

■海外ニュース

ユナイテッド航空 成田-グアム線グループキャンペーン
求人広告
ワンクリックアンケート

旅行することは好きですか?

投票する

助成金・補助金情報

「【京都市】外国人観光客受入環境整備助成金制度の拡充及び助成金の募集開始」
近年の外国人観光客の増加等に伴い、小売店や飲食店、宿泊施設等における多言語対応やキャッシ...

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

ビズリーチ

  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ