シャングリ・ラ大連が拡張計画、15年完成で合計950室に

  • 2012年4月24日(火)

 シャングリ・ラ・アジアはこのほど、シャングリ・ラ・ホテル大連の拡張計画を発表した。現在は客室563室とサービスアパートメント195室で営業しているが、ホテル北側に新設される40階建てのビルに110室の客室と82室のサービスアパートメントを設け、客室673室、サービスアパートメント277室、合計950室とする。ビルの完成は2015年の予定。

 新しい客室はビルの上層部を占め、客室は最小で50平方メートル。全室に無線/有線LAN、薄型テレビ、DVDプレーヤーなどを配置する。サービスアパートメントは3ベッドルームまで用意する。

 シャングリ・ラ・ホテル大連は1997年の開業だが、地元や周辺地域、海外の市場からラグジュアリーホテルやレストラン、会議施設などを求める声が増加しているといい、拡張によりニーズに応えるねらい。新しいビルの宴会会議施設は、700平方メートルのジュニア・ボールルームや150平方メートルのVIPルームなどを含むという。

■海外ニュース

シンガポールトラベルマート&セミナー2019
メール新規登録
求人広告
ワンクリックアンケート

平成のスターといえば?

投票する

助成金・補助金情報

「ミートツーリズムツアー造成支援事業補助金」
趣旨都城市では、「日本一の肉と焼酎のふるさと・都城」で、本物の肉と焼酎を味わい、その魅力...

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

ビズリーチ

  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ