訪日旅行の銀聯カード支払いでiPhone活用-日東旅行が導入

  • 2012年3月22日(木)

 三菱UFJニコスは、中国人訪日旅行などを取り扱う日東トラベルに、iPhoneから銀聯カードで旅行代金を決済するソリューションを提供する。これは、三菱UFJニコスとフライトシステムコンサルティングが協力して開発したシステムで、iPhoneをカード決済端末に転用して使用するというもの。時間や場所を選ぶことなく、銀聯カードで決済が可能となるため、決済業務の効率化と顧客利便性の向上につなげるねらいだ。

 日東トラベルでは代金の7割から8割は出発前に収受しているものの、オプショナルツアーや追加費用といった残りの費用は空港などの出先で精算している。今回のシステム導入により、出先で旅行者が現金を持ち合わせていなくてもすぐに精算できるようになる。利用方法は、iPhoneに専用のカードリーダーを装着し、顧客の銀聯カードを読み込み、金額などをタッチパネルに入力。そして暗証番号をタッチパネルに入力すると決済できる仕組みだ。中国語表記での案内のため、顧客にとってもわかりやすい。

 日東トラベルは国内だけでなく、北京と大連にも拠点を持ち、日中双方向の旅行の実績を持つ旅行会社。2010年度は中国人観光客約5万6000人を受け入れている。

■海外ニュース

インフィニ 123キャンペーン2019
メール新規登録
求人広告
ワンクリックアンケート

フライドポテトで一番おいしいと思うチェーン店は?

投票する

助成金・補助金情報

「【福島県いわき市】いわき市バス借上助成募集について」
いわき市は、バス利用による団体旅行を誘致し、いわき市全体の観光客の増加を図るため、旅行会...

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

ビズリーチ

  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ