チャンギ空港、LCCターミナル閉鎖へ、成長見すえ新ターミナル

  • 2012年3月7日(水)

 シンガポール・チャンギ国際空港は9月25日、LCC用のバジェットターミナルを閉鎖する。同ターミナルは2006年3月に開設して6年しか経過していないものの、中長期的な成長を見据えてよりキャパシティの大きい新ターミナルを建設することを決めた。新ターミナルは「ターミナル4」となり、バジェットターミナルの利用者が2011年現在で460万人であったのに対し、最大で1600万人の利用を受け入れられるようになるという。

 現在のチャンギ空港のキャパシティは、バジェットターミナルを含めて年間7000万人以上で、2011年の総利用者数4650万人と比較するとまだ余裕があるものの、過去10年間の利用者数の平均成長率は5.2%増で、特に2010年は12.9%、2011年は10.7%と急速に伸びているところ。

 また、シンガポールを拠点とするシンガポール航空(SQ)やシルクエアー(MI)、タイガー・エアウェイズ(TR)、ジェットスター・アジア航空(3K)なども新機材を発注し、外国系航空会社もシンガポールへの就航や増便を希望していることから、さらなる成長を見込んでいる。

 ターミナル4は2013年に建設を開始し、2017年に完成予定。現在よりも効率的な旅客対応や素早い航空機のターンアラウンドを可能とするほか、飲食店や小売店など既存のバジェットターミナルにはない施設も充実する計画。搭乗橋は設けないという。

 なお、バジェットターミナルを利用している航空会社はターミナル2に移って営業することになる。影響を受けるのはベルジャヤエアー(J8)、セブ・パシフィック航空(5J)、ファイヤフライ(FY)などで、ターミナル2での営業は9月25日午前6時からの予定だ。

■海外ニュース

シンガポールトラベルマート&セミナー2019
メール新規登録
求人広告
ワンクリックアンケート

平成のスターといえば?

投票する

助成金・補助金情報

「ミートツーリズムツアー造成支援事業補助金」
趣旨都城市では、「日本一の肉と焼酎のふるさと・都城」で、本物の肉と焼酎を味わい、その魅力...

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

ビズリーチ

  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ