全日空も燃油費値下げ、4月発券分から適用条件変更

  • 2012年2月23日(木)

 全日空(NH)は4月1日から5月31日発券分の燃油サーチャージを引き下げた。燃油市況や為替レート、市場での競争環境などから総合的に判断し、適用条件を改定したことによるもの。改定後の適用条件は、すでに変更を発表済みの日本航空(JL)と同様の水準としている。

 4月1日から5月31日発券分は、燃油サーチャージの基準となる2011年12月から12年1月のシンガポールケロシン市場価格の2ヶ月平均が124.92米ドルであるため、現行と同じ120米ドル以上130米ドル未満の条件が適用される。改定により、たとえば韓国間では2500円から2200円に値下げし、欧州、ハワイを除く北米、中東、オセアニアでは2万5000円から2万3500円に値下げした。

■海外ニュース

メール新規登録

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ