インド、10月01日より「観光査証」取得時に追加書類が必要に

  • 2011年10月6日(木)

 2011年10月01日より、インドの観光査証(ビザ)を取得する際には、以下の追加書類が必要となりましたので、お知らせいたします。

■新たに追加となった書類
1.往復航空予約確認書(旅行会社、または航空会社発行のもの)
2.ホテルの予約確認書
 ホテル以外に滞在の場合は、訪問先(友人・親戚等による)からのオリジナルの招待状とその招待者のパスポートコピー
3.申請者が学生・主婦・無職の場合は、預金残高証明書
4.再入国許可が必要な場合は、空路全てのEチケットのコピーと英文旅行日程表(A4サイズ)

 インド出国後、2ヵ月以内に再入国を予定している観光ビザ申請者(例:インドと隣国のネパールやスリランカ等を含めた旅程等)は、観光ビザ申請時に申請書と英文旅行日程表(空路が含まれている場合は、空路全てのEチケットのコピーが必要)を提出した場合に限り、最大3回(滞在日数は合計60日以内)の再入国許可がおりる予定です。

 尚、再入国許可料金は1,400円で、通常の観光ビザ申請料金に加えて請求されます。

 インドへのご旅行をご予定の方は、ご注意ください。

 尚、上記情報は、予告なく変更される場合がございますので、予めご了承ください。


情報提供:ミストラル・インターナショナル・リミテッド株式会社日本海外ツアーオペレーター協会

■海外ニュース

ユナイテッド航空 成田-グアム線グループキャンペーン
求人広告
ワンクリックアンケート

旅行することは好きですか?

投票する

助成金・補助金情報

「【京都市】外国人観光客受入環境整備助成金制度の拡充及び助成金の募集開始」
近年の外国人観光客の増加等に伴い、小売店や飲食店、宿泊施設等における多言語対応やキャッシ...

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

ビズリーチ

  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ