[ クローズアップ ]

神戸港の客船誘致、CIQ改善の取り組みも

  • 2011年9月7日(水)

神戸港、設備や環境の良さに自信

神戸ポートターミナルのロビー

 神戸市が客船誘致を本格化させたのは、客船誘致専門のセクションを設置した2006年。その後、2007年には100隻、2010年には103隻の客船を誘致し、横浜に続き日本で2番目に、西日本では最も客船入港隻数の多い港となった。客船誘致の意義について、岩尾氏は、「神戸のウォーターフロントに客船が着くことで神戸のイメージアップになる。また、乗客が観光面で神戸市へお金を落とすという経済効果も見込める」と説明する。

 岩尾氏によると、神戸港の武器はその「ファシリティ」の良さだ。神戸港には神戸ポートターミナルと中突堤旅客ターミナルの2つのターミナルがあり、神戸ポートターミナルはボイジャーなどの大型船にも対応でき、中突堤は主に飛鳥IIやにっぽん丸など最大5万トンクラスまでの客船が着く。

広々とした到着ロビー。駐車場につながっている

 このうち、神戸ポートターミナルは三宮駅と神戸空港の間のポートライナー駅に隣接しており、アクセスの利便性が高い。また、高速道路への入り口も近く、旅行会社がツアーを組む際にも、大型バスなどで大阪や京都に向かう際にも便利だ。一方、中突堤ターミナルは大丸やモザイク、ポートタワーなどの商業施設などに近く、ターミナルの出入国ロビーはメリケンパークホテルの2階フロアに位置。いずれのターミナルも、駅までの無料シャトルバスを神戸市が運行しているため、個人で参加している場合も利用しやすい。

 岩尾氏は、2つのターミナルを持つことを強みとして、アジアクルーズ、瀬戸内海クルーズなど「大型、小型にかかわらず色々なクルーズに対応できることをアピールしたい」という。

■海外ニュース

メール新規登録

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ