グアム空港にESTAレーン、ESTA取得者の入国審査時間が短縮

  • 2011年9月5日(月)

 グアム政府観光局(GVB)によると、アメリカ政府は8月22日から、グアム国際空港に「ESTAレーン」を設置した。これにより、電子渡航認証システム「ESTA」を取得している旅行者の入国審査の時間が大幅に短縮されることとなる。

 アメリカ渡航の際はESTAの申請が義務付けられているが、グアム入国の場合45日以内の滞在であれば申請する必要はない。ただし、ESTAがない場合、税関、検疫申告書に加え入国時にI-94、I-736フォームを記入し、入国書類として提出する必要がある。ESTA専用のレーンを設置することで、ESTA取得者はよりスムーズに入国することができるようになるという。

■海外ニュース

インフィニ 123キャンペーン2019
メール新規登録
ワンクリックアンケート

史上最高の日本人野球選手は?

投票する

助成金・補助金情報

「【福島県いわき市】いわき市バス借上助成募集について」
いわき市は、バス利用による団体旅行を誘致し、いわき市全体の観光客の増加を図るため、旅行会...

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

ビズリーチ

  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ