ロイヤル・カリビアン、ボイジャーの母港をアジアに-来年上期、日本寄港も

  • 2011年7月28日(木)

 ロイヤル・カリビアン・インターナショナル(RCI)は2012年、15万トンクラスの客船ボイジャー・オブ・ザ・シーズを、アジアに配船する。5月から6月はシンガポールを母港とし、東南アジアをめぐるショートクルーズを運航。シンガポール内外の需要を取り込み、数千人の利用を見込む。7月から8月までは上海を基点とする9泊のクルーズを実施し、釜山や済州島のほか福岡や神戸など日本寄港を予定する。

 同客船は全長311メートル、幅48メートル、15デッキで、乗客定員は3114人。RCIによるとアジアを運航する客船では最大となる。これまでのアジアクルーズになかったアイススケートリンクもあり、フルサイズのバスケットコート、インラインスケートトラック、ウォータースライダー付きのプールや船内ビーチなど、設備も充実している。

■海外ニュース

メール新規登録

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ