全日空のピーチ、アドバイザーにライアンエアー元会長

  • 2011年6月14日(火)
「Peach」機体デザイン

 全日空(NH)が香港の投資会社と共同で設立したPeach Aviation(ピーチ)は6月13日、アドバイザーとしてライアンエアー(FR)元会長のパトリック・マーフィー氏の就任が決定したと発表した。マーフィー氏は、1991年から1994年までFRの会長を務め、この間にFRのビジネスモデルをフルサービスキャリア(FSC)からLCCに転換したという。

 ピーチ代表取締役社長の井上慎一氏は、「ピーチがこれまでの既存の航空会社とは全く異なるLCCのビジネスモデルを追求するにあたり、これほど頼もしいパートナーは他にいないと考えている」とのコメントを発表。マーフィー氏のアドバイスを得ながら、来年3月の就航に向け準備を進めていく方針を示した。

 なお、ピーチは2012年3月に関空発着の札幌線と福岡線、同5月に関空/ソウル線に就航する計画だ。

■海外ニュース

メール新規登録

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ