3月に新聞広告出稿量、阪急交通社が3ヶ月連続で1位−出稿量は大幅減

  • 2011年4月21日(木)
 広告統計データを取り扱うエム・アール・エス広告調査(MRS)によると、2011年3月の新聞広告出稿量で、上位50社のうち旅行業界関係会社は3社がランクインした。このうち、阪急交通社は3ヶ月連続1位となったが、前年比55.8%減の4871.1段とほぼ半減し、前月と比べても4998.3段減少した。3月11日に東日本大震災が発生しており、その直後は日本の産業界で広告出稿を控える傾向があった。

阪急交通社以外でも、前月3位だったジェイティービー(JTB)は64.4%減の1531.4段となり、順位を16位に下げた。また、前月9位だったクラブツーリズムも56.8%減の945.0段で34位となった。

 なお、調査は中央紙、地方紙、経済紙、タブロイド紙など119紙を対象に実施した。


▽関連記事
2月の新聞広告出稿量、阪急交通社が2ヶ月連続で1位、JTBは3位に(2011/04/06)
2010年の新聞広告、阪急が1位、6年連続−上位各社、クラツー以外は出稿量減(2011/02/14)

■海外ニュース

メール新規登録
求人広告
ワンクリックアンケート

旅行会社で勤務経験がある有名人は誰でしょう?

投票する

助成金・補助金情報

「【京都市】外国人観光客受入環境整備助成金制度の拡充及び助成金の募集開始」
近年の外国人観光客の増加等に伴い、小売店や飲食店、宿泊施設等における多言語対応やキャッシ...

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

ビズリーチ

  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ