主要旅行会社、2月の海外旅行取扱額は9.2%増−外国人旅行が24.1%増に

  • 2011年4月19日(火)
 観光庁が取りまとめた主要旅行会社61社の2011年2月の旅行総取扱額は、前年比5.3%増の4363億4304万9000円となった。このうち海外旅行は9.2%増の1641億1383万7000円で、国内旅行も2.8%増の2683億4817万2000円とプラス成長。さらに、外国人旅行が24.1%増の38億8104万円と好調に推移した。海外旅行の募集型企画旅行のみでは、取扱人数が1.7%減の35万7010人と減少したものの、取扱額は5.1%増の476億2189万円と増加した。

 海外旅行について会社別で見ると、取扱額が最も大きかったのはジェイティービー(JTB)グループ14社で7.7%増の291億3644万5000円。次いで、エイチ・アイ・エス(HIS)が16.4%増の265億40万4000円、阪急阪神交通社グループが5.1%増の181億3009万8000円で続いた。日本旅行は28.8%増の102億4989万9000円となり、100億円台を回復している。

 また、伸び率ではi.JTBが58.4%増の9億7272万2000円、楽天トラベルが53.0%増の9億7538万6000円、沖縄ツーリストが47.7%増の1億8611万3000円で1位から3位を占めた。このほか、前月に続き阪急阪神ビジネストラベルやエムハートツーリスト、日立トラベルビューロー、日新航空サービス、郵船トラベルなど、業務渡航系の企業が上位に入っている。


▽主要旅行会社取扱概況
エクセルファイル


▽関連記事
主要旅行会社、1月の海外旅行取扱額は1割増、業務渡航系が好調(2011/03/29)
主要旅行会社、10年の海外旅行取扱額は11%増−国内は微減、外国人が2桁増(2011/02/17)

■海外ニュース

インフィニ 123キャンペーン2019
メール新規登録
求人広告
ワンクリックアンケート

旅行会社で勤務経験がある有名人は誰でしょう?

投票する

助成金・補助金情報

「【京都市】外国人観光客受入環境整備助成金制度の拡充及び助成金の募集開始」
近年の外国人観光客の増加等に伴い、小売店や飲食店、宿泊施設等における多言語対応やキャッシ...

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

ビズリーチ

  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ