全日空、「国際線で成長」鮮明に−新経営戦略、B787で羽田発着長距離線も

  • 2011年2月25日(金)
 全日空(NH)は、2月24日に発表した「2011−12年度 ANAグループ経営戦略」の中で、国際線旅客事業を成長の軸とする姿勢を改めて明示した。2012年度の連結営業収入目標を、10年度見込みと比較して14.0%増の1兆5700億円としたのに対し、国際線旅客収入は36.3%増の3870億円をめざす。目標を達成した場合、国内線や貨物を含めた航空運送事業収入に占める国際線旅客収入の割合は、10年度見込みの23%から27.1%に拡大する。

 目標達成に向けて、羽田増枠と日本航空(JL)の運航規模の縮小を契機とした競争力の向上をめざす。特に、成長が予測されるアジアに力点を置くほか、期間中に導入するボーイングB787型機で羽田発着の国際長距離路線への就航もねらう。また、スターアライアンス加盟各社とのジョイントベンチャーにより、利便性が高く、収益拡大につながる路線網を構築するほか、共通マーケティング、共通運賃、共通販売を実施して収益を最大化。

 さらに、ウェブサイトを活用して日本以外の市場や新顧客セグメントでの取り扱いを増加。機内サービスでも、2011年度に「ANA BUSINESS STAGGERED」シートの搭載機材を欧米6路線に、「ANA BUSINESS CRADLE」シートの搭載機材をアジア6、7路線に展開する。


▽「アジアNo.1」に向けスカイトラックス5ツ星獲得めざす

 経営戦略全体では、11年度と12年度を「変化する事業環境に対応し、さらなる成長に向けて事業構造をより強固な仕組みへ切り替える2ヶ年」と位置づける。その上で、「経営資源の最大活用による経営効率の向上」と「基本品質と顧客満足の向上」を柱とし、経営ビジョンである「アジアNo.1」の実現に向けて成長をはかる。

 この一環で、「安全」「定時性」「クオリティー&顧客満足」「CSR」の4つの「基本品質」の維持と向上に取り組む。例えば「クオリティー&顧客満足」では、スカイトラックスの5ツ星獲得をめざす。このほか、生産性向上とグループ運営体制の見直しも進める。

■海外ニュース

メール新規登録

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ