クルーズ・オブ・ザ・イヤー2010、横浜発着クルーズが市場拡大に貢献

  • 2010年12月17日(金)
 日本外航客船協会(JOPA)は12月16日、「クルーズ・オブ・ザ・イヤー2010」の授賞式を開催した。今年で3回目となる同事業は、オリジナリティがあり、日本のクルーズマーケットの拡大に貢献した商品を企画造成、実施した旅行会社などを表彰するもの。今回は全部で19点の応募がある中で、ロイヤル・カリビアン・インターナショナル(RCI)の「レジェンド・オブ・ザ・シーズで航く 上海・韓国周遊クルーズ」がグランプリを獲得。初めて実施したものの2航海で日本人約3200名を集客するなど好調だった。選考委員会では、日本でのカジュアル・クルーズの認知を高め、市場拡大に貢献したことを評価した。

 また、全日空(NH)の羽田/ロサンゼルス線を利用した、サファイア・プリンセスで巡るメキシカンリビエラクルーズ11日間は、羽田就航記念特別企画として優秀賞を獲得した。九州のどの空港から参加しても同一旅行代金とし、羽田発着路線を活用して地方需要を取り込んだフライ&クルーズとして、新たな可能性を見出したことが評価された。当初の集客見込みは50人程度だったが、11月末には330人が予約していた。

 授賞式の挨拶に立ったJOPA会長で郵船クルーズ代表取締役社長の今崎慎司氏は、「外国船が増え日本人客に利用してもらうことで、すそ野の広がりにつながれば」と話した。旅行会社に対しては、「色々なタイプの船が増えている。こうした素材をいかに料理していただくか、その上でクルーズ人口をいかに増やすか一緒に考えたい」と訴えた。なお、ベスト・クルーズカップル・オブ・ザ・イヤー2010には、大和田伸也、五大路子夫妻が選ばれた。


▽クルーズ・オブ・ザ・イヤー2010 概要

・グランプリ 「レジェンド・オブ・ザ・シーズで航く 上海・韓国周遊クルーズ」
受賞者:ミキ・ツーリスト クルーズセンター、ロイヤル・カリビアン・インターナショナル

・優秀賞 「ぱしふぃっくびいなす 人道の港クルーズ 利尻・礼文島チャータークルーズ5日間の旅」
受賞者:読売旅行近畿営業本部、農協観光関西統括事業部、敦賀市、日本クルーズ客船

・優秀賞 「ANA利用『サファイア・プリンセス』で巡るメキシカンリビエラクルーズ11日間」
受賞者:阪急交通社九州営業本部、全日空、クルーズバケーション

・特別賞 グローバル・ユース・ビューローが設定した4本のクルーズ
受賞者:グローバル・ユース・ビューロー

・特別賞 「輪島市」
受賞者:輪島市

・ベスト・クルーズカップル 「大和田伸也、五大路子夫妻」

■海外ニュース

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ