キャリチャ

トルコ航空、14機の新機材導入、成田線はB777-300ERに−ネットワークも拡大

  • 2010年12月13日
 トルコ航空(TK)は、長距離路線向けのボーイングB777-300ER型機を2010年に5機、2011年に7機導入する。このうち1機は2011年夏スケジュールから成田/イスタンブール線に投入する予定で、プレミアムエコノミーの位置づけの「コンフォートクラス」を新たに導入した3クラス体制となる。このほか、エアバスA330-300型機と貨物のエアバスA330-200型機を1機ずつ導入し、ネットワークも拡大する。

 アメリカ路線では、現在運航しているニューヨーク、シカゴ、11月に就航したワシントンに加え、2011年3月にはロサンゼルスに新たに就航する。また、5月からはニューヨーク路線がダブルデイリーになる予定だ。アジアでは12月末に、バングラデシュのダッカ経由でカラチ、バンコク経由でベトナムのホーチミンへ就航する。このほか、2011年には広州とマニラ、イランのシラズ、イラクのバスラとエリビルへ就航する予定だ。また、ヨーロッパではマラガ、バレンシア、トゥールーズへとネットワークが拡大する。