スカンジナビア航空、ニューヨークと上海に新路線−欧州内路線も拡充へ

  • 2010年10月19日(火)
 スカンジナビア航空(SK)は2011年3月末にオスロ/ニューヨーク線、2011年冬にコペンハーゲン/上海線に就航する。ニューヨーク線は3月27日からデイリー、上海線は2011年冬スケジュールに週5便で運航を開始する。使用機材はニューヨーク線がA330-300ERで、ビジネスクラス34席、エコノミーエクストラ35席、エコノミークラス195席。また、上海線はA340-300型機で、ビジネスクラス46席、エコノミーエクストラ29席、エコノミークラス171席。

 また、SKでは2011年春の間に欧州内の路線も拡充する計画。主要路線は積極的に増便し、2010年の同時期と比べると出発便ベースで1週間あたり150便を増加。また、オスロ発着のミュンヘン、パルマ、スプリット(クロアチア)線と、ストックホルム/ベニス線にも新規就航する。

■海外ニュース

メール新規登録

イベント・セミナー情報はありません。

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ