米ESTAが9月に有料化、取得料は14米ドルに−支払いはクレジットカード

  • 2010年8月10日(火)
 米国税関国境警備局(CBP)は、9月8日から電子渡航認証システム(ESTA)の取得を有料化すると発表した。「旅行促進法(TPA:Travel Promotion Act)」により、米国の旅行者増加や観光産業の発展をめざしてプロモーションするための費用にあてられる。当初は10米ドルの予定であったが、CBPがESTAのシステム維持費として4米ドルを追加し、取得のために必要な手数料は合計で14米ドルとなる。

 手数料を徴収するのは、ESTAを新規取得する際と、パスポートを新しくした際など再申請する場合。例えば2年間の有効期間内に、登録情報を更新するだけの場合などは無料という。支払いはクレジットカードかデビットカードのみ受け付け、現在のところマスターカード、ビザ、アメリカン・エキスプレス、ディスカバーの使用を認めている。

 手数料は、米国を旅行デスティネーションとして海外にアピールするための費用とする。米国の旅行業界が用意するプロモーション予算と同額を手数料収入から拠出するもので、今後5年間にわたって毎年最大で2億米ドルがプロモーションに投じられることになる。

 なお、日本では、大手旅行会社を含めて複数の会社がESTAの申請代行サービスを提供している。有料化以降は、旅行者本人以外の名義のクレジットカードが受け付けられないようなケースも考えられるが、現在のところ、実際の申請手続きの変更点などの詳細は発表されていない。


▽関連記事
ESTA申請に10ドルの手数料導入が決定−旅行促進プログラムが法案化(2010/03/08)

米国上院で「旅行促進法」可決−プロモーションと入国関連改善に期待(2009/09/15)

■海外ニュース

TASACASHLESS
メール新規登録
ワンクリックアンケート

昨年、プライベートで海外旅行に行かなかった最大の理由は何ですか?

投票する

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ