阪急交通社、72名分の個人情報リストを紛失−札幌支店の日帰りツアーで

  • 2010年7月13日(火)
 阪急交通社東日本営業本部支店営業部札幌支店で7月7日、添乗員がツアー参加者のリストを紛失したことがわかった。該当ツアーは7月7日に実施した日帰りバスツアーで、添乗員がツアー終了後の帰宅途中に紛失した。紛失物は、47名分のドキュメントリスト、メッセージリストや緊急連絡先25名分。

 個人情報には氏名、性別、年齢、自宅電話番号、国内旅行保険加入の有無、緊急連絡先の氏名と電話番号、参加者との続柄が含まれる。7月12日現在、紛失による被害などの連絡は入っていないという。阪急交通社では今後の対策として、全国の支店で派遣添乗員に対して個人情報保護に対する周知徹底をはかる。

■海外ニュース

メール新規登録

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ