日本旅行、訪日医療観光専門部署を設置、中国市場好調で−13年度2000名へ

  • 2010年6月30日(水)
 日本旅行は7月1日、訪日外国人の医療検診旅行を取り扱う専門部署「訪日医療ツーリズム推進チーム」を国際旅行事業部内に立ち上げる。同日から中国個人観光ビザ要件が緩和されることや、政府の新成長戦略の観光分野でも医療観光が取り上げられており、今後の訪日外国人誘致の起爆剤として期待されていることなどから、受入体制の整備やさらなる誘致をはかる。

 同社では、2009年4月に中国人富裕層を対象としたPET(早期がん検出装置)検診ツアーを開始しており、09年度は40名、2010年上半期は70名と順調に実績を伸ばしていた。こうした実績から、中長期的にさらなる取扱拡大を見込んでいる。これまではPET検診ツアーのみを取り扱っていたが、今後は美容整形や自毛植毛を始めとする訪日インバウンド医療ツアーの開発、販売促進をはかっていく。また、現在日本の医療機関では、大阪の聖授会OCATクリニックとの提携のみだが、受入人数の拡大に向けて、医療施設ネットワークを拡大させ、都道府県ごとに1軒以上、2013年度までに100施設程度増やしたい考えだ。

 このほか、PETツアーで契約している中国の旅行会社「優翔国旅(ラビオン)」の仕組みを他国でも展開させて海外医療関係専門ツアーネットワークの構築を進める。なお、同チームのスタッフは全7名で、同社執行役員で国際旅行事業部長の内田誠人氏が代表を兼務する。

 なお、今後は中国だけでなく東南アジアや中近東、ロシアなどでも展開する予定で、2010年度は200名、2013年度には2000名以上の受入をめざす。


▽関連記事
日本旅行、中国発の訪日医療観光が好調、目標上方修正も(2010/04/28)

■海外ニュース

ニュージーランド航空で、もっと楽しい空の旅
求人広告
ワンクリックアンケート

会社から携帯電話(スマホ含む)を支給されていますか?

投票する

助成金・補助金情報

「南越前町団体観光客誘客促進事業実施要項」
南越前町団体観光客誘客促進事業について リンク1 事業の目的交流人口を拡大するため、観光...

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

メール新規登録
  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ