キャリチャ

小田急電鉄 小田原駅に外国人旅行センター開設

 小田急電鉄は4月6日、小田急線小田原駅構内に「小田急外国人旅行センター・小田原」をオープンさせた。箱根を訪れる外国人旅行者への観光案内や箱根フリーパス、観光施設の入園券の販売などを行う。

 小田原駅は小田急線とJR東海道線、東海道新幹線が乗り入れる箱根観光の玄関口にあたる。

 外国人旅行センター・小田原は年中無休で午前9時30分〜午後5時30分の営業。英語は常時、中国語、韓国語についても対応する。

 日本政府観光局からビジット・ジャパン案内所(旧i案内所)の指定も受けた。

 小田急電鉄では1999年に鉄道業界では初めて新宿駅構内に外国人旅行者専用の旅行センターを開設。09年12月までに35万3千人が利用している。

 外国人旅行センター・小田原では、年間1万5千人の利用者を見込んでいる。


情報提供:トラベルニュース社