KNT、希望退職は192名−転身支援金7億円の特損、12億円の費用削減見込む

  • 2009年10月26日(月)
 近畿日本ツーリスト(KNT)によると、10月1日から19日にかけて募集した希望退職者の数が192名となった。希望退職者は、2009年10月31日現在で満50歳以上の社員を対象に200名を募集。退職日は10月31日で、退職者に対して退職日時点の年齢に応じて転身支援金を支給する。ほぼ想定どおりの規模の応募があったことで、転身支援金の支払で約7億円の特別損失を計上する見込みである一方、年間12億円程度の費用削減につながる見通し。

 KNTでは、8月に発表した中期経営計画の修正の中で要員規模の適正化を盛り込んでおり、2008年度末に4000名だった要員を3500名に縮小する方針。削減分の500人の内訳は、今回の希望退職で約200名、北海道と九州の団体旅行事業の分社化で200名、自然減で100名を想定。北海道と九州の分社化は約220名が対象となることから、ほぼ計画通りに進んでいると見られる。

 なお、費用構造改革策として、要員規模削減以外に計画していた年金給付制度の引き下げも進めており、10月25日から全国で説明会を開催する予定だ。


▽関連記事
「KNT北海道」「KNT九州」設立へ−団体旅行事業分社化、地域密着営業を展開(2009/10/26)
近畿日本ツーリスト、200名の希望退職者を募集−12億円の費用削減見込む(2009/09/15)
KNT、中期計画を修正、販売・費用構造を革新−ウェブ強化、不採算部門撤廃(2009/08/12)
KNT、韓国に現地法人、10年は5万人・11億円めざす−ハナツアーとも提携継続(2009/08/17)
KNT、第2四半期は純損失83億300万円−コストは約42億円の削減に成功(2009/08/12)

■海外ニュース

OFC無料講座
求人広告
ワンクリックアンケート

健康で気を使っていることは?

投票する

助成金・補助金情報

「南越前町団体観光客誘客促進事業実施要項」
南越前町団体観光客誘客促進事業について リンク1 事業の目的交流人口を拡大するため、観光...

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

ビズリーチ

  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ