羽田/ドイツ線が実現へ−航空協議で合意、深夜早朝時間帯で週14便

  • 2009年4月6日(月)
 3月31日から4月2日まで開催された日本とドイツの航空当局間協議で、羽田/ドイツ路線を認めることで合意した。2010年10月に予定する羽田空港の第4滑走路供用開始後に、深夜早朝時間帯での運航を可能にする。日本とドイツそれぞれの航空企業が、1日2便ずつ週14便まで運航できるというもの。旅客、貨物いずれも可能という。ドイツ側の空港はフランクフルト、ミュンヘン、ライプチヒなどの可能性がある。

 なお、これまでに羽田の深夜早朝時間帯で国際定期便開設について合意しているのはマレーシア、韓国、シンガポール、フランス、イギリス、タイ、オランダ、香港で、ヨーロッパとしては4ヶ国目となる。

■海外ニュース

メール新規登録
求人広告
ワンクリックアンケート

IT産業国だと思う国は?

投票する

助成金・補助金情報

「南越前町団体観光客誘客促進事業実施要項」
南越前町団体観光客誘客促進事業について リンク1 事業の目的交流人口を拡大するため、観光...

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

ビズリーチ

  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ