ハワイ・リゾートウエディングが人気、92%がハネムーン希望−JTB調査

  • 2008年10月10日(金)
 ジェイティービーが首都圏、中京圏、関西圏在住の20代から30代前半の未婚女性1000名を対象に実施した「ウエディング&ハネムーン意向調査」によると、海外や国内のリゾートウエディングが挙式スタイルで最も人気が高く26.2%であった。そのほか、国内結婚式場が16.2%、教会や神社が14.1%、ハウスウエディングやレストランウエディングが11.8%と続いた。JTB首都圏の受注件数においても、2007年度は前年比1.7%増、海外旅行者数が弱含みに推移している今年10月、および11月のリゾートウエディングは前年並みで安定しているという。理由は「憧れ」が64.1%と最も多く、そのほか「限られた人だけを呼びたい」(44.5%)「自分たち中心の挙式にしたいから」(27.3%)など挙式する2人を主役に最高の思い出を作り、親や近親者へのお礼がしたい、心から祝福されたいという意見が集中した。

 希望地はハワイ(32.3%)、ヨーロッパ(13.2%)、沖縄(11.4%)が上位3位を占め、そのほかバリ島やモルディブなどのビーチリゾートが挙がった。ハワイはロケーションや料金帯など選択肢が多く、日本人向けのサービスも充実しており、同行者も気軽に参加できる点が人気を集めた。沖縄は交通の便がよく、長い休暇を取らなくても招待客が参加できることが評価され、2007年の挙式数は20.4%増、列席者を含めると約15万3000人がウエディング目的で沖縄を訪問したと推計されている。

 また、結婚希望者の挙式希望者が77.7%であるのに対し、ハネムーン希望者は92%にのぼった。希望地はヨーロッパ(31.8%)、ハワイ(9.5%)、沖縄(7.7%)で、ヨーロッパでは特にイタリアが人気で、オーダーメイドハネムーンも人気で、挙式だけでなくハネムーンにもこだわる人が増えているという。ハネムーンの時期は挙式とは切り離し、週末や短期間の休暇で式を挙げ、ハネムーンは2人の休暇や旅行費用を調整する傾向が高まっている。ただし、挙式もハネムーンも、気候がよく休みが取りやすいほか、旅行費用も比較的安価になる10月から11月を希望する人が最も多かった。


▽関連記事
ハワイ・ライフ&カルチャー(5) カップル憧れの地、マウイ島のウエディング(2008/09/04)

トップインタビュー:ワタベウエディング代表取締役社長 渡部秀敏氏(2008/08/20)


■海外ニュース

ユナイテッド航空 成田-グアム線グループキャンペーン
求人広告
ワンクリックアンケート

旅行することは好きですか?

投票する

助成金・補助金情報

「【京都市】外国人観光客受入環境整備助成金制度の拡充及び助成金の募集開始」
近年の外国人観光客の増加等に伴い、小売店や飲食店、宿泊施設等における多言語対応やキャッシ...

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

ビズリーチ

  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ