シンガポール航空、初就航のA380型機、荒天で中部にダイバート、日本発に遅れ

  • 2008年5月20日(火)
 シンガポール航空(SQ)は5月20日から、成田/シンガポール線にエアバス A380型機を就航した。しかし、初便は成田空港に午前8時30分に到着予定であったが、台風による大雨と強風の影響で、安全を考慮し、中部国際空港にダイバートした。このため、成田空港で予定されていた就航記念式典は中止となった。成田への到着は午後12時43分で、成田発便は現時点で14時30分ごろの予定。シンガポール発の初便の搭乗数は、全471席のところ394席であった。

■海外ニュース

インフィニ 123キャンペーン2019
メール新規登録
ワンクリックアンケート

史上最高の日本人野球選手は?

投票する

助成金・補助金情報

「【福島県いわき市】いわき市バス借上助成募集について」
いわき市は、バス利用による団体旅行を誘致し、いわき市全体の観光客の増加を図るため、旅行会...

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

ビズリーチ

  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ