旅行業倒産件数、3月は2件、負債7500万円−年度は47件

  • 2008年4月9日(水)
 東京商工リサーチによると、3月の旅行業倒産件数は2件(前年:2件)、負債総額は7500万円(同:6000万円)となった。これにより、2007年度(2007年4月〜2008年3月)の旅行業倒産件数は47件(前年度:39件)、負債総額は36億7500万円(同:32億1900万円)であった。全業界の年度での倒産件数は前年度比7.7%増の1万4366件、負債総額は6.4%増の5兆7955億円。全業界は販売不振が傾向として目立ち、これにともなう旅行業への影響も大きいと見られる。また、このところ倒産が小規模から中小企業に拡大しており、景気動向の影響も見過ごせない要因となっている。

 なお、宿泊業は3月の倒産件数は11件(前年:13件)、負債総額は165億5800万円(同:152億8100万円)、年度では倒産件数132件(前年度:127件)、負債総額は2566億7900万円(同:1190億8800万円)となっている。


▽関連記事
旅行業の2007年倒産件数、06年度より増加も負債額は減少、12月は2件にとどまる(2008/01/22)
旅行業倒産件数、11月は6件、旅行業は清算型が多く発生(2007/12/13)
旅行業の10月倒産、件数、負債額が微増−小規模から中小企業に拡がる予兆(2007/11/13)
旅行業の上半期倒産件数、上昇に転じる−小口倒産が多く発生(2007/10/15)

■海外ニュース

メール新規登録

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ