国土交通省、地域限定通訳案内士試験を新たに北海道、栃木で実施

  • 2008年4月3日(木)
 国土交通省は、2010年までに訪日外国人旅行者数の1000万人を達成を目標に、外国人受入環境を整備するため、地域限定通訳案内士制度を導入した。これは、外客来訪促進計画に基づいて、各地域が外客来訪促進計画を変更し国交省が同意すると試験を実施できるもので、2008年度から新たに北海道、栃木県を含む地区(北海道地区、栃木・南東北地区)が、地域限定通訳案内士試験の実施を開始する。これにより、既に実施している岩手県、静岡県、長崎県、沖縄県の4県に加え、6道県で地域限定通訳案内士試験実施可能になり、外国語に関しては6道県ともに、英語、中国語、韓国語を予定している。

■海外ニュース

メール新規登録

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ