トップツアー、みずほ系のファンド会社が100%株主に

  • 2007年9月28日(金)
 トップツアーの85%を保有するアクティブ・インベストメント・パートナーズと、15%を保有する東京急行電鉄は、全保有株式をポラリス・プリンシパル・ファイナンスが運用するファンド(ポラリス)に譲渡する。これにより、ポラリスが9月27日をもって、トップツアーの100%株主となる。ポラリスはみずほ証券のプライベートエクイティファンド運営会社。

 トップツアーは、平成16年3月の東急電鉄からアクティブへの株式譲渡に伴い、東急グループから独立し、事業展開していた。今回のポラリスの出資に対しては、みずほフィナンシャルグループのグローバルなネットワークの活用と、ポラリスの先進的な手法によって、企業価値を高めることができるとしている。また、目標とする株式上場も、引き続き取り組みを加速させるとしている。

■海外ニュース

ユナイテッド航空 成田-グアム線グループキャンペーン
求人広告
ワンクリックアンケート

夏季休暇は何月に取りますか?

投票する

助成金・補助金情報

「【京都市】外国人観光客受入環境整備助成金制度の拡充及び助成金の募集開始」
近年の外国人観光客の増加等に伴い、小売店や飲食店、宿泊施設等における多言語対応やキャッシ...

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

ビズリーチ

  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ