スターアライアンス、ロサンゼルス空港に北米初のラウンジをオープン

  • 2007年7月23日(月)
 スターアライアンスは7月17日、ロサンゼルスのトム・ブラッドレー国際空港に、同空港に就航する加盟航空会社用のスターアライアンスラウンジをオープンした。同アライアンスとしては北米における初のラウンジで、それぞれの航空会社が活用していた12のラウンジに代わり設置されたもの。1400平方メートルの面積は世界のスターアライアンスラウンジの中で最大規模となる。

 ラウンジはターミナル5回の保安検査場に隣接し、264名を収容可能。食事や飲み物を提供し、シャワー設備も用意。無料の無線LANや電話、ファックスなどのビジネスサポートの施設も完備した。

これにより、同アライアンスのラウンジは、スイスのチューリッヒ空港、中部国際空港とあわせ、計3ヶ所となる。2008年にはロンドンのヒースロー空港第1ターミナルとパリのシャルル・ド・ゴール空港第1ターミナルにもオープンする予定だ。

■海外ニュース

メール新規登録

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ