KNT、次世代店舗のホリデイ9割増と好調、太田社長「狙い通り」と評価

  • 2007年3月8日(木)
 近畿日本ツーリスト代表取締役社長の太田孝氏は、旅丸会通常総会で平成19年の新たな取組みとして、企業理念ブランドと企業ブランドの変更、次世代店舗の展開、異業種との提携、CS運動を推進することを改めてアピールした。

 この中で次世代店舗ついて、昨年「コンサルティング(相談)&コミュニケーション(対話)」をコンセプトに設置した東京・錦糸町の「T-Boutique(トラベル・ブティック)・オリナス錦糸町」、川崎駅前の商業施設「LAZONA(ラゾーナ)川崎プラザ」にオープンしたトラベル・ブティック・ラゾーナ川崎店の堅調さをアピール。トラベル・ブティック・オリナス錦糸町は、以前の錦糸町店と比べて今年1月から3月の予約状況がメイトで前年比67.4%増、ホリデイで97.1%増を記録。また川崎店では昨年5月から12月にかけて売上が減少したものの、パッケージ商品の伸びを受けて営業収益が増えたことから「狙い通り」(太田氏)と評価した。

■海外ニュース

インフィニ 123キャンペーン2019
メール新規登録
求人広告
ワンクリックアンケート

フライドポテトで一番おいしいと思うチェーン店は?

投票する

助成金・補助金情報

「【福島県いわき市】いわき市バス借上助成募集について」
いわき市は、バス利用による団体旅行を誘致し、いわき市全体の観光客の増加を図るため、旅行会...

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

ビズリーチ

  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ