関空、来年は中国に加えベトナム、インド、北米路線の拡充を狙う

  • 2006年12月27日(水)
 関西国際空港は2007年、中国路線に加え、ベトナム、インド、北米路線の増強を目指す。関西国際空港代表取締役副社長の平野忠邦氏は、既に山東航空、四川航空から関空へ乗入希望が打診されているとし、来年早々に開催される予定の日中航空交渉で、さらなる旅客便枠の拡大に期待を示した。そのほか、需要が増えつつあるベトナム、インドに加え、撤退が相次いだ北米路線の拡大に向け、積極的に取組みを進める考え。来年は関空で第2滑走路の供用開始が予定されており、13万回の発着を目指した誘致活動が続きそうだ。

■海外ニュース

TASACASHLESS
メール新規登録
ワンクリックアンケート

昨年、プライベートで海外旅行に行かなかった最大の理由は何ですか?

投票する

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ