ハワイ州、11月16日から新禁煙法を施行

  • 2006年8月25日(金)
 ハワイ州は11月16日から、州やカウンティが定める公共の場所が全面禁煙となる新禁煙法を施行する。禁煙となる公共の場所は、空港をはじめ、公共交通機関、レストラン、バー、ナイトクラブ、ショッピングセンター、ホテルのロビーや通路に加え、スポーツ・アリーナや屋外アリーナ、スタジアム、円形競技場などの座席部分、チャイルドケアや介護施設に使用している個人の住居など。また、該当する場所の出入口から約6メートル圏内も禁煙区域となる。

 なお、喫煙が許可される場所は、個人の住居やホテル、モーテルなどの宿泊施設の喫煙室。ホテルの客室では全体の20%までを喫煙室とすることが可能。違反した場合、個人には50米ドル(約5800円)、企業には最大500米ドル(約5万8200円)の罰金が課せられる。

■海外ニュース

メール新規登録
求人広告
ワンクリックアンケート

旅行会社で勤務経験がある有名人は誰でしょう?

投票する

助成金・補助金情報

「【京都市】外国人観光客受入環境整備助成金制度の拡充及び助成金の募集開始」
近年の外国人観光客の増加等に伴い、小売店や飲食店、宿泊施設等における多言語対応やキャッシ...

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

ビズリーチ

  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ