近ツー、北部九州地域の販売網拡充で昭和トラベラーズクラブを子会社化

  • 2005年10月26日(水)
 近畿日本ツーリストは26日の取締役会において、株式会社昭和トラベラーズクラブの株式を同社、およびグループ会社から取得、子会社化することを決議した。昭和トラベラーズクラブは佐賀県に本社を置き、福岡県を含み6店舗、7拠点を展開する第2種旅行業。親会社である昭和自動車がグループ経営強化を進めているところ。近ツーは北部九州地域で販売ネットワークの拡充を目指していることから、両社の狙いが一致し、今回の基本合意に至った。株式譲渡契約の締結は12月20日を予定しており、この時点で近ツーは発行済株式数の70%程度を取得する。
 なお、近ツーは今後、ECC販売のノウハウ、国内・海外の仕入れ力、商品企画力を提供、メイト・ホリデイの企画商品の販売強化を進める。なお、昭和トラベラーズクラブは平成17年3月期の取扱高は18億円であった。

■海外ニュース

OFC無料講座
求人広告
ワンクリックアンケート

健康で気を使っていることは?

投票する

助成金・補助金情報

「南越前町団体観光客誘客促進事業実施要項」
南越前町団体観光客誘客促進事業について リンク1 事業の目的交流人口を拡大するため、観光...

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

ビズリーチ

  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ