IATA日本、偽造クレジット・カードの不正使用に注意喚起

  • 2005年3月15日(火)
 国際航空運送協会日本事務局(IATA Japan)は偽造クレジット・カードの不正使用で日本国内で発券するケースが増えており、IATA代理店に書面で注意を喚起している。社会的にもフィッシング、スキミングなど様々な形の偽造カード問題が取り上げられており、クレジット・カードでの発券するにあたり、慎重な対応が必要だ。
 IATA Japanによると、これまで偽装されたクレジットカードを利用した発券の事例として、海外で発行されたカード名義が外国人のビザ、マスターカードを使用し、搭乗者と名義人が異なる傾向がある。また、対面セールスではなく、eチケット発券が多い。さらに、発券区間としてアフリカ/ヨーロッパ間、アフリカ/アジア間、さらに都市ではヨハネスブルグ、ラゴス、ポートハーコートなどを含んでいるという。IATA Japanはこうした特徴がある場合、ビザ、またはマスターカードなどのオーソリセンターに確認するよう推奨している。

■海外ニュース

インフィニ 123キャンペーン2019
メール新規登録
求人広告
ワンクリックアンケート

フライドポテトで一番おいしいと思うチェーン店は?

投票する

助成金・補助金情報

「【福島県いわき市】いわき市バス借上助成募集について」
いわき市は、バス利用による団体旅行を誘致し、いわき市全体の観光客の増加を図るため、旅行会...

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

ビズリーチ

  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ