JR各社、新幹線・在来線特急の年末年始利用状況 コロナ再拡大で前年比32%に

  • 2021年1月7日(木)

 JR各社は1月6日、年末年始期間(2020年12月25日―21年1月5日)の新幹線・在来線特急などの利用状況を発表した。利用人数は前年同期比32%の487万9千人。新型コロナウイルス感染再拡大を受け、帰省や旅行などを控える傾向が強まり、1991年度以降で利用者数は最少にまで落ち込んだ。

 JR西日本は全体では同30%の104万4千人。山陽新幹線は同29%の63万5千人、北陸新幹線は同35%の13・0万人、在来線は同29%の27・9万人だった。

 JR東海では全体が同32%、新幹線は同32%、在来線は同35%。

 JR東日本では全体が同33%、新幹線は同34%、在来線は同30%。

 JR九州では全体が同38・5%、九州新幹線博多―熊本間は同39・5%、長崎本線・日豊本線特急は同37・6%。

 JR四国では、瀬戸大橋線が同34%、主要3線区が同33%。

 JR北海道では主要4線区・特急が同31%。


情報提供:トラベルニュース社

この記事へのコメント

コメントを書く

■国内・訪日ニュース

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ