4-6月期の日本人旅行消費、「外出自粛真っただ中」で83・3%減

  • 2020年9月30日(水)

 観光庁がこのほど発表した4―6月期の日本人の旅行・観光消費動向調査結果(速報)によると、国内旅行消費額は前年同期比83・3%減の1兆40億円だった。新型コロナウイルス感染拡大による外出自粛真っただ中という期間で、大打撃といえる結果となった。

 国内旅行消費額のうち、宿泊旅行消費額は同85・4%減の6646億円、日帰り旅行消費額は同76・5%減の3394億円。

 外出自粛が浸透し、ゴールデンウイークもほぼ自宅で過ごすというライフスタイルが共通認識となっていた時期であり、国内延べ旅行者数は同77・4%減の3714万人に。旅行者数の内訳は宿泊旅行が同80・9%減の1601万人、日帰り旅行が同73・7%減の2113万人。

 旅行1回あたりの旅行単価は同26・0%減の2万7036円。宿泊旅行が同23・7%減の4万1511円、日帰り旅行は同10・3%減の1万6066円だった。


情報提供:トラベルニュース社

■国内・訪日ニュース

メール新規登録

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ