「Withコロナを生き抜く」、日観振がウェブシンポジウム

  • 2020年6月17日(水)

 日本観光振興協会(山西健一郎会長)は、新型コロナウイルス感染拡大で観光産業が大打撃を受けたことを鑑み、6月19日、緊急ウェブシンポジウムを開く。テーマは「Withコロナを生き抜く地域と観光産業に向けて」。危機を乗り切るための観光地経営について考える。観光庁が後援。

 山西会長のあいさつに続き、久保田理事長が概要を説明。山田雄一・日本交通公社観光政策研究部長主席研究員のコーディネートで、松田敏之・両備ホールディングス社長、植田佳宏・大歩危・祖谷いってみる会会長、清永治慶・佐渡観光交流機構専務理事、陳内裕樹・観光庁アドバイザリーボードメンバーが事例を発表する。コロナ後の観光業やDMOの役割などについての対談も。

 時間は14-16時。オンライン会議システムZoomウェビナーを使って開催する。

 参加は無料。申し込みはhttps://form.run/@withsymposiumへ。


情報提供:トラベルニュース社

■海外ニュース

■国内・訪日ニュース

メール新規登録

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ