東北の訪日客、19年は156万人泊-1年前倒しで目標達成

  • 2020年3月11日(水)

 3月11日、東日本大震災の発生から9年を迎えた。復興の道はまだ半ばだが、あらゆる面で取り組みが続けられている。観光においても、このほど観光庁がまとめた2019年の宿泊旅行統計調査の速報値において、東北6県の外国人延べ宿泊者数が155万8千人泊となり、政府が定めた目標を1年前倒しで達成。「TOHOKU」の名は観光地として世界へ響き、東北の観光復興は着実に前進している。

 東北6県の外国人延べ宿泊者数は震災発生前の10年は505万人だったが、震災発生の11年は184万人にまで落ち込んだ。そこから国・地域・民間協働による観光復興への取り組みを展開。19年は対前年比21・0%増の155万7910人泊にまで増加、政府が今年20年に150万人とした目標を1年早く突破した。この数字は震災発生前の3倍にもなる。

 日本政府観光局は東北地域主体の多言語ホームページの整備や滞在プログラムの開発、官民一体のトップセールスや訪日プロモーションが、国際定期便の新規就航やチャーター便の増加、誘客につながったとしている。


情報提供:トラベルニュース社

■国内・訪日ニュース

メール新規登録

イベント・セミナー情報はありません。

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ