さっぽろ雪まつりが閉幕、新型肺炎などで来場者26%減

  • 2020年2月12日(水)

 札幌市の大通公園などで開かれていた、「さっぽろ雪まつり」が11日夜、閉幕した。実行委員会によると期間中の来場者は202万1千人で、昨年より71万6千人少なかった。

大通会場。2月9日の日曜日

 新型コロナウイルスによる中国からの観光客の激減や、地元の小学校・幼稚園などの団体来場の取りやめ、昨年来続く韓国からの訪日旅行者の減少が影響した。

快晴の日曜日にもかかわらず、混雑はなかった

 雪まつりは、大通会場のほか、すすきの会場、つどーむ会場の3つの会場で開かれた。つどーむ会場は1月31-2月4日の12日間、大通公園とすすきのでは2月4日から8日間行われた。


情報提供:トラベルニュース社

■国内・訪日ニュース

メール新規登録
ワンクリックアンケート

コロナの影響で早期退職、レイオフの予定が

投票する

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ