アコー、2022年までに使い捨てプラスチック廃止へ

  • 2020年1月26日(日)

 アコージャパンによると、アコーは2022年末までに顧客向けサービスのなかで利用してきた使い捨てプラスチック製品をすべて撤廃することを決めた。これまでもプラスチック製ストローやマドラー、綿棒をなくす取り組みをしてきたが、新たにプラスチック製のアメニティボトルやカップを撤去し、2022年末までに客室や会議室、レストラン、スパなどで残っているすべての使い捨てプラスチック製品を廃止するという。

 なお、この取り組みは、アコーがエレンマッカーサー財団の協力のもと、国連環境計画(UNEP)と世界観光機関(UNWTO)が主導する「グローバル・ツーリズム・プラスチック・イニシアチブ」に参加して実現する。

■海外ニュース

■国内・訪日ニュース

TASACASHLESS
メール新規登録
ビズリーチ
ワンクリックアンケート

昨年、プライベートで海外旅行に行かなかった最大の理由は何ですか?

投票する

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

LINEスタンプ
  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ