日本の地方へとシフトする中国の富裕層-途家が観光資源の価値を最大化[PR]

  • 2019年12月19日(木)

中国最大級の民泊ブランド“途家”のビッグデータやテクノロジーが日本の地方観光を活性化

途家の李珍妮(リー・ジェンニー)CBO

 中国最大級の宿泊施設予約プラットフォームの途家(トゥージャー)は、2019年12月現在の宿泊施設登録件数230万軒、登録ユーザー数が1億8000万人に達したことを明らかにした。

 途家は、中国最大級のオンライン旅行会社Ctrip(シートリップ)のグループ会社として、全世界の民泊をリスティングし、登録ユーザーのビッグデータを活用することで顧客満足度の高いバケーションの提案を実現している。

 2016年には日本途家株式会社(トゥージアジャパン)を設立。滋賀県大津市や新潟県魚沼市などの行政と業務提携し、「東京や京都などの次に訪れたい観光地」として大津や魚沼をPRするキャンペーンを運営している。(関連記事)

 途家の李珍妮(リー・ジェンニー)最高業務責任者(Chief Business Officer:CBO)は、「中国の富裕層は、何度も日本を訪れるリピーターが多く、新しい旅のスタイルを求めています。最近は地方において民泊を活用して、週末を含めてその地方に滞在し、その土地の魅力をじっくりと味わうという旅のスタイルが注目を集めています」と富裕層の旅のトレンドについて説明する。

 民泊の滞在中は、地方ならではの体験観光のプログラムが提供されており、今年度は魚沼市においいて星空ウオッチング、バーベキュー、雪遊び等、親子で楽しめる観光プログラムが実施されファミリー層に好評という。

魚沼市の親子体験ツアーの様子

 李CBOは、「2018年から業務提携している大津や魚沼は、たいへん魅力的なデスティネーション。大津の琵琶湖の美しさ、魚沼の美味しいお米は、中国人をとりこにしています。途家のビッグデータと連動したICTや、プロモーションリソースを活用した独自の手法で魅力を発信することで、日本の地方に眠る観光資源という種に花を咲かせるお手伝いができれば嬉しい」と抱負を語っている。

日本途家株式会社(トゥージアジャパン)
〒101-0024 東京都千代田区神田和泉町1-6-1 インターナショナルビル402

■国内・訪日ニュース

アリタリア航空
TASACASHLESS
ビズリーチ
ワンクリックアンケート

消費税の増税によって売上は

投票する

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

LINEスタンプ
  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ