ジェットスターJ、関空/香港線の半分を運休へ、1月から3月

  • 2019年12月10日(火)

 ジェットスター・ジャパン(GK)は、香港でのデモによる需要減を受けて、来年1月から3月までの間、週3便で約40往復の運航を予定していた関空/香港線のうち、20往復40便を運休すると発表した。GKは現在、今年の夏ダイヤでは週4便を運航していた同路線を、7月1日から12月11日にかけて運休しているところ。12月12日から1月5日までは週3便で運航する。

 GKによれば年末年始や旧正月、春休みの旅行需要などを見込んでいたものの予約は振るわず、「香港情勢の悪化を受けて観光需要も減少していると見られ、それに呼応するような状況」という。

■海外ニュース

■国内・訪日ニュース

アリタリア航空
TASACASHLESS
ビズリーチ
ワンクリックアンケート

消費税の増税によって売上は

投票する

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

LINEスタンプ
  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ