中国西部航空が日本初就航、関空から鄭州と重慶へ、週3便ずつ

  • 2019年11月14日(木)

 関西エアポートによると、中国のLCCである中国西部航空(PN)が11月26日、関空から中国への2路線を開設する。今回が初の日本就航という。就航地は鄭州と重慶でいずれも週3便。使用機材はA320型機で、座席数はビジネス6席とエコノミー180席。運航スケジュールは下記の通り。

PN、関空線 運航スケジュール

便名出発空港出発時間到着空港到着時間曜日
鄭州線
PN6425便CGO17時05分KIX20時00分火木土
PN6426便KIX23時55分CGO04時10分(翌日)火木土
重慶線
PN6427便CKG18時55分KIX23時00分
PN6427便CKG19時15分KIX23時00分木土
PN6428便KIX21時00分CKG02時10分(翌日)火木土

■海外ニュース

■国内・訪日ニュース

ヴァージン・オーストラリア航空
ビズリーチ
ワンクリックアンケート

旅行業界で天才と思える人材に出会ったことが

投票する

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

LINEスタンプ
  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ