JATA、首里城火災で募金呼びかけ-旅行会社への影響は軽微

  • 2019年11月17日(日)

高井氏  日本旅行業協会(JATA)は11月14日、10月31日の火災により被害を受けた沖縄の首里城の復旧と復興に向けた募金活動を開始した。ニュースメールや公式ウェブサイト上で全国の会員企業に呼びかけ、銀行振込で寄付金を受け付ける。期間は来年の1月31日までで、会員以外の希望者による募金も可能。集まった募金は沖縄県に寄付するか、沖縄の観光復興に寄与する活動に使用する。

 14日に開催した定例記者会見では、国内訪日旅行推進部部長の高井晴彦氏が、会員企業などからヒアリングした沖縄観光への影響について説明。個人旅行については「現在の観光客の目的は多岐にわたっており、首里城の火災に起因するキャンセルなどの影響はほとんど見受けられない」と伝え、団体旅行や訪日旅行についても、同様に大きな影響はないとの見方を示した。観光施設に関しては近隣エリアこそ影響が大きいものの、他地域では影響はないという。

 高井氏は現状について「短期的な影響は少ないと推測される」と結論づけた一方で、今後については「年間280万人に上る首里城の来場者を、世界遺産登録されたその他の城址や民間施設に誘導することで、沖縄観光の魅力を維持できるかが課題」と強調。今後は募金活動に加えて、会員企業による復興支援ツアーの造成などの取り組みをすすめる計画を示した。

 募金のための振込口座は以下の通り。

JATA、「沖縄・首里城火災復旧及び復興への募金」振込口座

口座名:シヤ)ニホンリヨコウギヨウキヨウカイ
振込先:みずほ銀行 丸之内支店(支店NO:005)
    普通預金 2558433

■国内・訪日ニュース

Travelport
メール新規登録
求人広告
ワンクリックアンケート

昨年と比べて忘年会に行く回数は

投票する

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

LINEスタンプ
  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ