訪日消費動向、3Qは9.0%増の1.2兆円、中国が4割占める

  • 2019年10月18日(金)

 観光庁が発表した7―9月期の訪日外国人旅行者の消費動向調査結果(1次速報)によると、訪日外国人全体の旅行消費額は前年同期比9・0%増の1兆2千億円だった。

 国・地域別の旅行消費額は、1位が中国の5051億円で、構成比は42・1%。シェアは再び拡大している。2位が台湾の1386億円、3位が韓国の915億円。以下、香港、米国、タイと続き、上位5カ国で全体の75・0%を占める。

 訪日外国人の日本国内での1人あたりの旅行支出は同5・2%増の16万5425円。1人あたり最多支出国はフランスで25万2千円とトップに。2位はスペイン、3位はオーストラリアとなり、欧米豪が上位を占めた。

 費目別では、買い物代33.0%、宿泊料金30・1%、飲食費22・1%の順。国・地域別の費目別消費額では、宿泊費は欧米豪で高く、フランスの10万5千円が最高。買物代は中国が9万4千円で突出している。


情報提供:トラベルニュース社

■国内・訪日ニュース

ベルトラ1
メール新規登録
求人広告
ワンクリックアンケート

年に何回くらい海外出張に行きますか?

投票する

助成金・補助金情報

「【福島県いわき市】いわき市バス借上助成募集について」
いわき市は、バス利用による団体旅行を誘致し、いわき市全体の観光客の増加を図るため、旅行会...

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

LINEスタンプ

  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ