インバウンドガイド協会が設立 ガイドの育成、質向上目指す

  • 2019年10月7日(月)

 一般社団法人インバウンドガイド協会が7月に設立され、10月1日に設立発表記者会見が行われた。地域観光活性化の担い手として外国人ガイドの育成、質の向上を目指して取り組みを進める。

 理事長には見並陽一・日本観光振興協会前理事長が着任。会長に元観光庁長官の久保成人・日観協理事長、専務理事に小川正人・ANA総合研究所会長、坪井泰博・JTB執行役員訪日インバウンドビジネス推進部長などが就いた。

 今後は、2020年3月にガイド業務に関する知識・スキルについてまとめた書籍の出版、20年6月に「インバウンドガイド検定」を創設する予定。インバウンドガイド講座も各地で開催していく。11月27日は千葉県いすみ市で、12月2―3日は岐阜県高山市での開催が決まっている。


情報提供:トラベルニュース社

■国内・訪日ニュース

ベルトラ1
メール新規登録
求人広告
ワンクリックアンケート

年に何回くらい海外出張に行きますか?

投票する

助成金・補助金情報

「【福島県いわき市】いわき市バス借上助成募集について」
いわき市は、バス利用による団体旅行を誘致し、いわき市全体の観光客の増加を図るため、旅行会...

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

LINEスタンプ

  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ