熊本城、天守閣の眺望エリアが公開、地震から3年半

  • 2019年9月30日(月)

 熊本城天守閣の大天守外観の修復工事が終了し、10月5日から、日祝日を中心に特別公開される。熊本城は2018年4月の熊本地震で被災し、3年半ぶりの公開となる。

天守外観の修復を終え再公開される熊本城

 公開されるのは二の丸広場から、平左衛門丸や天守閣前広場までを結ぶ約450メートルのルート。原則として復旧工事のない日曜・祝日のみの公開となるが、10月5-14日までは、熊本城大天守外観復旧記念週間として、平日午後も公開される。

 また、同時期に開催されるラグビーワールドカップと、世界女子ハンドボール選手権開催期間中(11月30-12月15日)は土曜日も公開する。

 全日公開は9-17時、平日午後の公開は13-17時まで。入園料は高校生以上500円、小中学生200円。それぞれ団体割引料金がある。

 2020年春には立入規制区域内に、平日の観覧が可能となる「特別見学通路」が完成し、特別公開第2弾としての供用開始を予定。2021年春には天守閣が完全復旧し、天守閣の外観公開と天守閣内部の展示公開を予定している。


情報提供:トラベルニュース社

■国内・訪日ニュース

マネパカード1
メール新規登録
ビズリーチ
ワンクリックアンケート

社内に旧帝大を卒業した人が

投票する

助成金・補助金情報

「【福島県いわき市】いわき市バス借上助成募集について」
いわき市は、バス利用による団体旅行を誘致し、いわき市全体の観光客の増加を図るため、旅行会...

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

LINEスタンプ

  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ