出雲市で「観月会」、日本百名月の倉留寺、60人が参加

  • 2019年9月27日(金)

 全国37カ所、中国地方で初めて「日本百名月」に選ばれた島根県出雲市の倉留寺(そうりゅうじ)で9月14日、観月会が行われた。宍道湖を見下ろし、湖面に鮮やかな「月の道」を描いた中秋の名月に、参加者からはどよめきに似た感嘆の声があがった。

 出雲観光協会が、松江市−出雲市間を結ぶ一畑電車とタイアップして企画。倉留寺では大正琴の演奏会のほか、本堂で抹茶と饅頭のおもてなし、月見弁当を食べながら月見酒を楽しんだ。電車内では出雲観光協会の職員の指導で俳句教室が行われ、参加者は月を愛でる時間を堪能した。

中国地方初の日本百名月に選ばれた倉留寺

 参加者は60人。インターネットで知ったというニュージーランドの観光客もいた。

 日本百名月は、月を観光ブランドとして定着させようと、日本各地の「名月」を国内外にアピールしている。夜景観光コンベンション・ビューローとKNT−CTホールディングスが活動主体で、一定の基準を満たした地域、施設を百名月として認定している。


情報提供:トラベルニュース社

■国内・訪日ニュース

ベルトラ1
メール新規登録
求人広告
ワンクリックアンケート

年に何回くらい海外出張に行きますか?

投票する

助成金・補助金情報

「【福島県いわき市】いわき市バス借上助成募集について」
いわき市は、バス利用による団体旅行を誘致し、いわき市全体の観光客の増加を図るため、旅行会...

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

LINEスタンプ

  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ